CORECESS ネットワーク機器
VDSL DSLAM
(デジタル加入者回線集線装置)
DX-6624 
DX-6624
DX-6624

 24ポートのVDSL(上り下り共16Mbps)集線装置で、LAN側インターフェイ スはイーサネット10/100TX、100FX、GBICが選択できるためネットワーク環境に合わせた機器の選定が出来ます。
マンション、会社や大学の寮等の既存の内線電話の回線を使用して高速インターネット回線の供給が容易に出来ます。また、既存電話や内線回線が使用できるた め大幅な工事コストの削減が出来ます。


<特長>
最適化されたVDSLシステム
 ・24回線のイーサネット−VDSL集線装置

 ・最高1.2km以内に標準的な電話線の一対上に16Mbpsまでデータを供給

 ・アップストリーム16Mbpsとダウンストリーム16Mbpsのデータレイトを保証

 ・対称/非対称のラインデータレイトが設定可能
 ・各種のバックボーンインターフェースを通してのネットワークをフレクシブルに構成
 

イーサネットベースの多様なバックボーンインターフェース

 ・バックボーンインタフェースのための2つの拡張スロット
  以下のモジュールをサポート:
  - 10/100Base-TX
  - 10/100/1000Base-TX

  - 100Base-FX

  - GBIC
 ・他のDSLlinX 6624またはFastlinX 5224とスタック(積み重ね)可能
  (スタックソフトを通じて一つのIPとしての管理機能)
 ・Corecess FastlinX 5224の全ての拡張モジュールによる対応


改良された信頼性とセキュリティ機能

 ・システム運用とログのためのリアルタイムクロック
 ・電源の冗長構成(オプションの)を提供

 ・オーバラップVLANとIEEE 802.1qタグVLANのためのサポート

 ・ポート単位のMACアドレスの数の制限

 ・IEEE802.1pの2レベルの優先順位をサポート
 ・電源ケーブルロック(電源の供給信頼性の向上と突然のタスクを消去するこ とを防止する

MxUのための先進の管理機能
 ・ポートにつきミラーリングのためのサポートとSNMPとTelnetを通してのVLANポート内の管理

 ・CLIベースのコンソールを通しての外部管理

 ・4つのRMONグループ(履歴、統計、警報、イベント)を通して監視、
  ツールを分析して、トラフィック管理のためのサポート

 ・ftpとTFTPを使用して遠隔ソフトウエアアップグレードが可能
 ・主要な状態を監視して、リアルタイムに通知するシステム機能(温度、電源の異常供給、二重の電源の状態)
 ・ラックドアの開放を警報音で通知する侵入検出機能
 ・設定した温度でファンを自動的にオンオフする機能 このため低温に保つほか、寿命引き延ばします
 ・システムの異常操作において遠隔制御による電源オンオフ機能を供給することによる管理経費の低減

<仕様>
項目
仕様
全体
・12Gbps Switching Throughput
・13million pps forwarding
・24MB SDRAM and 4MB Flash Memory
・4,096MAC Addresses
・VLAN -Port< OverIap IEEE802.1q Tag
-VLAN 32 VLANS, Spanning Tree and Multicast per VLAN
・AC,DC power,cin-built power redundancy

準拠する規格
・ETSI ANSI ITU VDSL 標準
接続・コネクタ
・12ペア RJ11 x 2 ポート
・PSTN RJ45 x 3 ポート  Ethernet, Console, RMCS
外形寸法
440mm(W) x380mm(D) x 44mm(H) 5.7Kg
動作温度範囲
・-10℃〜50℃
保存温度範囲
・-40℃〜70℃
動作湿度範囲
・5%〜90%(相対湿度)
電源電圧範囲
・88〜264V AC  -36〜-72V DC
消費電力
・100W 以下
標準価格
・624,000円(消費税別途)

お問い合わせ 048(949)1791
メール info@it-com.jp